2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

公共工事は住民の家屋を破壊をもたらすもの

1 :個人の暮らしを豊かにしよう:2020/10/30(金) 12:42:11.79 ID:e2BSU0Phq
公共工事の被害は家屋の破壊をもたらす。
政府は、土建業かと思うほど、工事発注が多いが、公共工事による、
振動被害のために家屋の塀などの倒壊被害防止のため、事前工事経費を
個人負担にさせようとしている。
 震災の振動なら、補助金も付くが、下水道工事では、
工事による振動被害は、工事によるものではないと判断されるとまったく
経費は出ない。少しのひずみで工事の振動のために崩れてしまっても
個人のせい にされる。公共工事の被害防止のための事前防止工事は
個人が変わりにやった場合はその経費は、行政が担う べきではないか?
でないと、工事後に倒壊が起こってしまってからでは被害額の金額が
大きくなるでは ないか?公共工事は古い家屋や塀を壊してしまう工事
をしているのか?
「事前に倒壊防止工事をしてから工事をやってもらいたい。」公共工事
の被害額を大きくしないために「個人が公共工事前にやった
「被害防止の工事経費」は発注者が全面的に支払う」べきである。
あるいは折半するべきだ。 工事振動のために、他人の住まいを倒壊する
危険性のある場合の公共工事は事前に「倒壊防止工事」を責任を持って
やってもらいたい。
何のために公共工事をしているのか?無責任な住宅の破壊工事
ではないか?公共工事による倒壊防止事前工事の経費は個人が
支払うのはおかしいではないか?

2 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★