2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

本能のままに生きた母

15 :次男:2018/05/30(水) 23:28:41.04
14の続き

この家出は確か1〜2週間ばかりだったと記憶している。この時、やはり狼狽していたのは我が家唯一の普通人、祖母である。
祖母「どうしよう!1ちゃん、お母さんがどこか行ったきり帰ってこない!泣」
俺「……まあ、そのうち帰ってくるよ…」
そんなやりとりが何度かあった。

ちなみに俺がそう答えていたのも訳があった。
おそらくこの時我が家で母の家出先に気づいていたのは俺、と、姉(姉が知っていたのは理由があるのだが)の2人だけだった。
単純に不倫相手のIさんちにいたのだ。

俺の場合は消去法による推理。
不倫がバレた、家出とゆー名の逃亡、行先は不倫相手のIさんちであろう、と。俺もなんとなくはIさんちは知っていた。同じ市内の、車で20〜30分のところにある。

当時、高校生だった姉は10歳くらい年上のバイト先の社員と付き合っていて、この彼氏がIさんと同い年だったことから、母子よろしく互いの彼氏(?)を含め仲良く遊んでいたらしい。
なので姉も共犯となり、この時の母の家出時の潜伏先も当然把握していたらしい。

ただ、俺からして見たらわかり切った潜伏先も、そこまで頭の回らなかった祖母や兄からしてみたら、かなりの大事として捉えていたらしい。

そんなこんなで、1〜2週間してひょっこり帰ってきた母。

と、思ってたが、後年兄から聞いたところによると、親父が不倫相手のヤサまで突き止めたらしく、兄が踏み込むのに付き合わされていだと言う事実が発覚。当時は俺はその辺聞かされてなかった。

続く

80 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★