2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

本能のままに生きた母

1 :次男:2018/05/22(火) 07:10:19.29
俺の母親の話をしたい。

幼き頃、我が家は七人家族だった。
母方の祖父母、両親、姉、兄、俺。
まぁ、昭和末期によくある、核家族とは無縁の至って普通の家庭だった。

父は所謂サザ○さんのマスオさん状態で、養子。
この事がのちに俺の家庭環境をややこしくする要因の1つになる。

幼い頃は本当に普通の家庭だった。
俺は末っ子なので、皆んなに可愛がられながら育つ。

家族七人もいると、多少の派閥みたいなものも生まれがちだ。
例えばウチの場合は祖母は姉を可愛がり、祖父が兄を贔屓する、みたいな。

そんな中、俺は家族の誰からも愛されw順調に幼少期を過ごしていく。
他の家族もなんら変わらない様に生活していた様に思う。

そして母の本能が覚醒する最初の出来事があった。

123 :次男:2018/07/13(金) 01:11:45.00
122の続き

そうして数ヶ月が過ぎ、相変わらずの抗がん剤治療なども続けて、その度に「また腫瘍マーカー下がりました!」と母からの朗報に少し安心する、という日々を繰り返していく。

この間、癌の再発はなかったが時折、腸閉塞の手前?くらいな症状になってしまい、少しの入退院を何度か繰り返していた。

特に、湯治場へ行くのに長距離移動して遠い地方へ行った時など、母の体調が悪くなり、そのまま現地で入院、腸閉塞のカラミだった、とゆー事も増えていた。

まあ、これは尿袋を拒否し、無理くり腸を繋げまくった報いのようなものだ。

そうして二度目の手術から1年が過ぎ、幸いにも癌の転移・再発はなかったものの、辛い抗がん剤治療などの闘病生活に対して、ついに母の体力に限界が見え始めだした。

続く

87 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★