2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

立トスてレテス・備忘録

1 :◆p132.rs1IQ:2019/02/22(金) 07:57:46.66 ID:YBvEGoQOF
◆p132.rs1IQ専用スレです..φ(_ _)m

2 :◆p132.rs1IQ:2019/02/22(金) 08:20:27.11 ID:8bXdqTekP
1984年
ジョージ・オーウェル
新庄哲夫[訳]
p344
「では、私が君に代わってその質問に答えよう。それはこうだ。党はただ権力のために権力を求
めている。われわれは他人の幸福などにいささかなりとも関心は抱いていない。われわれは権力
にしか関心がないのだ。富のためでも贅沢のためでも、また長生きするためでも幸福を求めるた
めでもない。ただ権力、それも純然たる権力のためなのだ。純然たる権力とは何か、それはこれ
から説明する。われわれは過去のあらゆる少数独裁制とは根本的に違う。その限りにおいてはわ
れわれは計算ずくで行動している。われわれ以外の独裁者は、われわれによく似ていた独裁者さ
え臆病で、偽善者だったにすぎない。ナチ・ドイツもロシア共産党も、方法論の上ではわれわれ
のそれに極めて近かったが、しかし、彼らには権力追求の動機を口にするだけの勇気は無かった。

3 :◆p132.rs1IQ:2019/02/22(金) 08:21:03.34 ID:8bXdqTekP
彼らは不本意ながら、そして暫定的に権力を握ったのであり、しかも眼前に人間の自由と平等を
実現する地上の楽園が来ているような態度を装うか、あるいは本気にそう思い込みさえしたので
あった。われわれはそんな手合いとは違うんだ。およそこの世に、権力を放棄する心算で権力を
獲得する者はいないと思う。権力は一つの手段ではない、れっきとした一つの目的なのだ。何も
革命を守るために独裁制を確立する者はいない、独裁制を確立するためにこそ革命を起こすもの
なのだ。迫害の目的は迫害それ自体にある。権力の目的は権力それ自体にある。拷問の目的は拷
問それ自体にある。さあ、これで私のいわんとするところが分りかけたかね?」

4 :◆p132.rs1IQ:2019/02/22(金) 10:37:14.73 ID:QE6eUP5C9
新聞が語る明治史 明治元年〜明治二五年
土屋喬雄[監修]
荒木昌保[編集]
p117
明治五年(一八七二年)
 朝鮮竹島の開拓者 八右衛門の子孫召出さる
〔七・一四、東京日日〕 過ル天保年間石州濱田在松原村の農八右
衛門なる者、洋中にて強風に遇ひ、竹島と云へる地へ漂着し、はじ
めて針路を覚へ、其後数回渡海し、地理及び物産等を探索なせし
に、竹島の名空しからず、囲り三尺余、盥に用ひて可なるべき大竹
有之由。是において、其頃石州某藩の有司に懇意の者あり、竊に其
有司と計り此地を開墾せんと欲す。抑、深山幽谷を開かんとなすに
は、火を以て樹木を焼払ふと言り、之は悪獣の住ん事を懼れてな
り。然るに此竹島は朝鮮国釜山浦と海上を隔る僅なれば、彼国より

5 :◆p132.rs1IQ:2019/02/22(金) 10:37:45.44 ID:QE6eUP5C9
此火光を見て日本より襲撃なすにやと愕き、檄を飛して對州へ通じ
たり。是に於て對州候、其事情を捜索あるに、前書八右衛門官にも告
ず、竊に地を開かんとなせし事発覚し、殊に同人外国船と私の交通
なせるの趣遁れ難く、遂に旧政府の律、密商の刑に行せられしが、
方今至仁寛大の秋に際し、其子孫を召出され、同所を開拓せらるゝ
由。不日速に開拓ならば、必ず国家の大益となるべき也。

竹島事件
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E4%BB%B6

6 :◆p132.rs1IQ:2019/02/23(土) 08:37:58.65 ID:uVmebsXBW
われら
ザミャーチン
川端香男里[訳]
p246
 「あんたがどういう人間か分るもんですか……人間は小説と同じよ。どういう結末に
なるか、ぎりぎり最後のページになるまで分らないわ。そうでなきゃ、読む価値もない
でしょう……」

7 :◆p132.rs1IQ:2019/02/23(土) 16:14:46.30 ID:qNaZ8pxan
すばらしい新世界
オルダス・ハックスリー
松村達雄[訳]
p14
「入壜室」ではすべてが諧調ある喧騒と秩序整然たる活動にあった。新鮮な牝豚の腹膜の薄片が
適当な大きさにちゃんと切られて、地階の「臓器貯蔵室」から小さな昇降機に載ってさっと上っ
てくる。ヒュー、やがてカチッ、昇降機の扉はひらく。壜詰係はただ片手をのばして、薄片を取
り、それを壜に入れ、平たく延ばせばよいだけだ。詰めおわった壜が果てしなくつづく帯(バンド)に載っ
てまだ手のとどかぬところへ行かぬうちに、はや、ヒュー、カチッ、とつぎの腹膜の薄片が深淵
からせり上ってきて、帯(バンド)に載ってゆっくりと果てしなくつづく壜の行列の、次の壜へさあ入れて
下さいといわんばかりである。

8 :◆p132.rs1IQ:2019/02/23(土) 16:15:30.85 ID:qNaZ8pxan
 壜詰係のつぎには卵子挿入係が待ちかまえている。壜の行列が前進する。卵は一つ一つ試験管
からより大きな容器である壜へと移される。手ぎわよく壜中の腹膜の薄片に切り込みが作られ
て、そこへうまく桑実期胎児がはめ込まれ、塩性溶液が注ぎ込まれる……と思うとすでに、壜は
そこを通りすぎていて、こんどはレッテル係の仕事となる。遺伝、受精日時、ボカノフスキー群
の組番号――詳細な記録が試験管から壜へと転記される。もはや無名ではなくして、命名され、
身元を明らかにされて、壜の行列はおもむろに進んでゆく。壁の孔を通りぬけて、ゆっくりと
「階級予定室」へと入ってゆく。
「八十八立方メートルの容積に及ぶ索引カードです」と、一同が部屋へ入ってゆくとフォスター
君がうれしそうに教えた。
「ありとあらゆる関係事項が含まれている」と所長がつけたした。

9 :◆p132.rs1IQ:2019/02/23(土) 16:16:37.15 ID:qNaZ8pxan
「毎朝最新の資料を加える」
「そして毎日午後には整備される」
「これを基礎として計算がなされる」
「これこれの性質の人間がこれこれの数だけ」とフォスター君がいった。
「それがこれこれの量において分布されている」
「一定時における最適の出壜率」
「予測されぬ損耗は即座に補充される」
「即座にですよ」とフォスター君は繰り返した。「最近の日本の震災のあとでどれだけぼくが超
過勤務しなきゃならなかったか、それをきけばびっくりなさるでしょう!」彼は上きげんに笑っ
て首をふった。
「階級予定係がその数字を受精係に伝達する」
「受精係が階級予定係の要求する胎児を送り届ける」
「そして、ここへ壜が送られて詳細に社会的階層があらかじめ定められる」
「それがすむと胎児室へと送られる」
「さあ、それでは胎児貯蔵室へゆきましょう」

10 :◆p132.rs1IQ:2019/02/24(日) 10:21:51.90 ID:NXTRnNj3V
新聞が語る明治史 明治元年〜明治二五年
土屋喬雄[監修]
荒木昌保[編集]
p346
明治十五年(一八八二年)
 朝鮮の国旗制定と其の理想
   支那のそれに倣ふ可らずと大気焔
〔一〇・二、時事〕(前略)是迄朝鮮には国旗と云ふべきものな
きに付き、今度支那より来りたる馬建忠が、朝鮮の国旗は支那に倣
ひ、三角形の青地に龍を画くべし、本国支那は黄色を用ふれども、
朝鮮は支那の東方に当る属邦たるを以て、東は青色を貴ぶの意に依
り青地を用ふべしと指図したるに、国王は大に憤り決して支那の国
旗に倣ふべからずとて、四角形の玉色地に大極の図(二つ鞆絵)を
青赤にて画き、旗の四隅に東西南北の易の卦を附けたるを、自今朝
鮮の国旗と定むる旨沙汰せられたりとなり。

11 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:00:39.95 ID:NwxbPf7aP
週刊 ザ・ムービー No.89(1919年)
p321
The Year of 1919
1月/JANUARY
5日 「人形の家」のノラ役などで一世を風靡した
女優の松井須磨子が自殺。2カ月前に急逝した恋人
の島村抱月の後を追ったとみられた。
15日 1日に創立されたドイツ共産党の創設者ロ
ーザ・ルクセンブルクとカール・リープクネヒトが
刑務所への移送の途中に護衛の兵士に惨殺される。
18日 パリのフランス外務省で第一次世界大戦の
講和会議が開始される。アメリカ・イギリス・フラ
ンス・イタリア・日本が最高会議を構成し、会議の重要な決定をすべて行った。
[写真]
1月5日、世を去った松井須磨子。実兄にあてた遺書には「私はや
っぱり先生の処へいきます」と書かれていた。

12 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:02:36.93 ID:/fVtVjRnY
2月/FEBRUARY
6日 ワイマールで、ドイツ共和国最初の国民議会
が召集される。11日にはエーベルトが大統領に選出
され、エーベルトは首相にシャイデマンを任命した。
23日 パリ講和会議でシオニストが演説し、パレ
スチナを国連統治下において、統治権をイギリスに
委任し、その庇護のもとでユダヤ人が民族郷土を建
設することを求める。

13 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:04:17.68 ID:0Gd253LwX
3月/MARCH
1日 朝鮮・京城のパゴダ公園で、学生が独立宣言
を朗読したのをきっかけに、反日デモが始まる。事
前の準備に基づいて行われたこの運動は、瞬く間に
平壌、義州などの主要都市に広がった。
2日 モスクワで、共産主義インターナショナル
(コミンテルン)の創立大会が開かれる。
23日 ムッソリーニがファシズム団体「戦闘ファ
ッシ」を結成。会場にはムッソリーニの発行する
「ポポロ・ディタリア」紙の呼び掛けに応えた約
100人の青年が集まった。

14 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:06:26.93 ID:0Z1QJPly8
4月/APRIL
25日 ドイツの国立美術工芸学校「バウハウス」
が創設される。すぐれた芸術家が集まり、印刷、家
具、陶器などの各工房が共同体を成すこの学校の校
長には、建設家ワルター・グロピウスが就任した。
29日 日本政府の許可を得て満鉄が設立した鞍山製
鉄所の操業が開始される。計画では高炉が4基建設
される予定だったが、第一次世界大戦が終結し、鉄
鉱需要が激減したため1基だけでの操業となった。

15 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:08:05.96 ID:/fVtVjRnY
5月/MAY
1日 第一次世界大戦後、多数の復員兵が失業し、
労働者の不満が高まっていたパリでメーデーが行わ
れ、参加者が警官や軍隊と衝突し、多数の死傷者が
出た。
4日 「山東省の権益が日本に引き渡されることに
決定」との報道を受け、北京の学生が亡国の危機を
叫んで決起。抗日運動はすぐに各地に広がり、特に
上海では、ゼネスト状態になった。

16 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:10:36.98 ID:NsHqmC9pR
6月/JUNE
26日 写真やイラストを満載したタブロイド版の
大衆紙「デイリー・ニューズ」がニューヨークで誕
生。保守的な新聞人たちからは通俗性をあざけられ
たが、6年後には発行部数を100万部に伸ばした。
28日 ドイツ代表がベルサイユで講和条約に調印。
これによってドイツはすべての植民地を失い、フラ
ンスやベルギーなどに領土の一部を割譲したため、
10パーセント以上の面積と人口を失った。
[写真]
6月に開かれたベルサイユ講和会議開会式の様子。戦勝27カ国の代
表が参加したが、実権は米英仏伊が独占していた。

17 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:12:13.27 ID:QE+GzHRYe
7月/JULY
7日 東京のラクトー株式会社が日本初の乳酸飲料
「カルピス」を発売。社長の三島海雲が中国大陸で知
ったモンゴル式の乳酸飲料を改良したものだった。
16日 明治政府軍の参謀として戊辰戦争で活躍し、
廃藩置県後は参議となった板垣退助が死去。晩年は
党首をしていた憲政党から無視されるなど、失意と
困窮の中で自由民権を説いていた。

18 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:17:07.05 ID:oTbIZsrdd
8月/AUGUST
6日 社会運動家の賀川豊彦が消費組合共益社を設
立。イギリスの生活共同組合「ロッチデール公正開
拓者組合」をモデルとし、消費者と生産者の互助を
図ることを目的とした。

19 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:19:37.40 ID:UhaHgr6l7
9月/SEPTEMBER
12日 イタリアが領有を主張していたユーゴスラ
ビア領の港町フィウメに、イタリアの詩人ダヌンツ
ィオが義勇兵を率いて進駐。翌年フィウメは自由都
市となったため、ダヌンツィオの軍はイタリア軍に
よって追放される。

20 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:21:11.15 ID:xAoScMOsj
10月/OCTOBER
8日 東と西からアメリカ大陸を往復する長距離飛
行レース、国際航空機ダービーがスタート。優勝し
たのは4347キロメートルを24時間59分48秒5
で飛んだメーナード中尉だった。
29日 アメリカのワシントンで第1回国際労働会
議が開かれる。40カ国が参加した会議では、労働
時間を1日8時間かつ1週48時間に制限する条約な
ど6条約が採択された。

21 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:22:57.08 ID:xBWMQaDnL
11月/NOVEMBER
14日 全シベリアを支配していた元黒海艦隊司令
官コルチャック部隊の本拠地であるシベリアのオム
スクをソビエト赤軍が占領。
24日 キラーファト擁護(カリフ制度廃止反対)
の全国大会がインドのデリーで始まる。大凶作によ
る飢きん、疫病などに苦しむインドのイスラム教徒
とヒンズー教徒が共同した反イギリス運動だった。

22 :◆p132.rs1IQ:2019/02/25(月) 09:24:31.91 ID:QE+GzHRYe
12月/DECEMBER
3日 フランスの印象派の巨匠オーギュスト・ルノ
ワールが死去。陶器の絵付け師から出発したルノワ
ールは、パリでモネやシスレーらの印象派と出会い、
陽光の下の人物を明るく描き続けた。
23日 イギリス議会が「インド統治法」を公布。
インド統治にあたって統治の諸機能を中央政府(イ
ンド政庁)と地方政府(州政府)とに二分する改革
案が盛られていた。

23 :◆p132.rs1IQ:2019/02/27(水) 07:27:45.38 ID:+vnL93C97
新聞が語る明治史 明治元年〜明治二五年
土屋喬雄[監修]
荒木昌保[編集]
p249
明治十年(一八七七年)
 残忍見るに堪へず聞くに堪へず
  日本人と通じた韓夫人の斬罪
〔一〇・二、郵便報知〕 朝鮮婦人が日本人と姦通する科にて斬刑
に処せられしことは前号の紙上へ掲げしが、此頃其詳報を聞くに、
一体朝鮮国にては内国婦人の他国人と通ずるを厳に禁じ、若し此国
禁を犯せば本人は勿論、所轄の地方長官も罷職となる程の国禁なる
が、打ち続く凶歳に韓婦の食を得るに術なき者居留地に来り、食を
乞ふ為に窃に禁を犯して婬を鬻ぐ者あると聞しに、六月十五日三人
の韓婦東莢吏員に縛され、七月廿二日其婦人等は右の科に因り、旧
設門辺の旧刑場に於て斬罪の刑に処せられたり。其刑場の様子は、

24 :◆p132.rs1IQ:2019/02/27(水) 07:28:29.73 ID:+vnL93C97
東莢釜山水営の三役所より各長官出張し刑案を宣告したる後ち、小
さき白羽の箭を耳孔に貫き荒繩にて縛り上げし婦人を刑場に仰臥せ
しめ、其頭下に木枕を置き、鉈様の刃物を咽喉に当て、上より槌に
て打ち首を切り落したりと。此婦人が刑場へ引き出さるゝ時、蕭然
として四辺を顧みながら、疾に餓死すべき命を日本人の為めに四五
十日生き延び、今日より始て饑餓の苦を免るゝことを得ると云ひ了
り涙を流したりと。

25 :◆p132.rs1IQ:2019/02/28(木) 03:32:29.52 ID:MwKuAGqM4
朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期
イザベラ・バード
時岡敬子[訳]
p461
 帽子は上質の「クリノリン」でできているので「まげ」がはっきり透けてみえ、一オンス
半という軽さである。朝鮮人にとってこの帽子は始終気をつかわなければならない相手であ
る。濡れるとだめになってしまうので、雨に備えて防水カバーをたっぷりした袖のなかにし
のばせておかないことには、外を歩きまわるのもままならない。しかも簡単に破れたりつぶ
れたりするので、かぶらないときは木の箱に入れておかねばならない。この箱はふつう装飾
が入っており、女性の帽子箱のように運搬しにくいものである。着帽は敬意のしるしで、宮
廷官は帽子をかぶって君主の臨席を受ける。朝鮮人はよほど親しい友人といるときしか帽子
を脱がない。網巾はつねにつけたままである。「まげ」には翡翠(ひすい)や琥珀(こはく)やトルコ石の玉を飾
ることがよくあり、おしゃれな若者は高価な鼈甲(べつこう)のくしを飾ったりもする。わたしは男性の
見だしなみに関するもので朝鮮人の「まげ」ほど重要な役割を演じたり、丁重に扱われた
り、固執されたりするものをほかに知らない。

26 :◆p132.rs1IQ:2019/02/28(木) 03:33:01.40 ID:MwKuAGqM4
断髪令 (朝鮮) - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%AD%E9%AB%AA%E4%BB%A4_(%E6%9C%9D%E9%AE%AE)

27 :【ぴょん吉】 ◆p132.rs1IQ:2019/03/01(金) 05:34:47.66 ID:wWz0V0LXj
朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期
イザベラ・バード
時岡敬子[訳]
p487
 さまざまな勅令によって朝鮮の官吏の分類は日本のそれと一致するものとなった。公・民
を問わず国じゅうのあらゆる階級が改革の対象からもれず、多かれ少なかれ改められた(書
類の上では)位置におさまっている。
 名目上法となった勅令の重要なものをつぎに記す。
 清国との宗属関係破棄。貴族と平民との身分差別廃止。奴隷制度の廃止。早婚の禁止。寡
婦の再婚の自由。贈収賄の厳禁。民事犯において令状なしに逮捕することの禁止。郵便夫、
芸人、屠殺業者の身分差別撤廃。地方議会の設置。新貨幣制度。警察機構の再編。裁判を経
ずに処罰することの禁止。地方行政府による不法課税の禁止。官吏による金品強要の禁止。
罪人連座制の廃止。拷問に関する大幅改正。奢侈(しやし)の禁止。種痘医養成所の設立。断髪令。太
陽暦の採用。訓練隊の廃止。法に基づく処罰の制定。屠殺場の認可。法改正委員の任命。電
信規則。郵便規則。通信局に鉄道課を設置。これらは一八九四年七月以降に公布された数百
におよぶ勅令のなかから選んだものである。

28 :◆p132.rs1IQ:2019/03/01(金) 05:35:49.49 ID:wWz0V0LXj
 過去三年半のあいだに告示された改革のなかには実施されなかったものもある。それ以外
のものに関しては、旧体制の悪弊へともどる傾向をともなった、時代を逆行する動きが如実
にある。また真摯(しんし)に着手されながらも、ひとつには朝鮮人の性質である無気力のせいで、ま
たひとつには官職にある人々や官職に就きたい人々による改革反対のせいで、しだいに立ち
消えてしまった改革もある。それ自体は立派でありながら、現在、書類の上でしか存在しな
い改革もあるが、それでもおしなべて、改革された体制は多くの面で断片的であるとはい
え、旧体制を大いに改善したものである。啓蒙された思想と道義ある理念に基づいて現在教
育を受けている若者たちに、その父親たちの轍(てつ)を踏まないことを期待したとしても、法外な
期待といえないのではあるまいか。

29 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 05:20:37.60 ID:ZSZKI9+Ml
朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期
イザベラ・バード
時岡敬子[訳]
p543
 ソウルの多くの区域が、なかでもとくに《南大門》と《西大門》の付近が文字どおり変貌
していた。両わきに石積みの深い運河があり石橋のかかった、狭いところで幅五五フィート
の大通りは、かつてコレラの温床となった不潔な路地のあったところである。狭かった通路
は広げられ、どろどろの汚水が流れていたみぞは舗装され、道路はもはやごみの「独壇場」
ではなく、自転車が広くてでこぼこのない通りを「すっ飛ばして」いく。「急行馬車」があ
らわれるのも間近に思われ、立地条件のすばらしいところにフランス系のホテルを建てる構
想もある。正面にガラスをはめこんだ店舗は何軒も建っているし、通りにごみを捨てるのを
禁止する規則も強化されている。ごみや汚物は役所の雇った掃除夫が市内から除去し、不潔
さでならぶもののなかったソウルは、いまや極東でいちばん清潔な都市に変わろうとしてい
る!

30 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 05:22:12.49 ID:rJNfgGF+x
 この大変身は四ヵ月前から行われており、意欲的で有能な税関長の発案を、ワシントンで
市政運営について学んだ知性と手腕の市長李采淵氏が支持したものである。氏はまれに見る
慎み深い人で、市内環境改善をいっさい自分の功績とはせず、すべては税関長マクレヴィ・
ブラウン氏のおかげによるものだと語っている。
 古都の趣をだいなしにしていた、路地には悪臭が漂い、冬にはあらゆる汚物が堆積し、く
るぶしまで汚泥に埋まるほど道のぬかるんでいた不潔きわまりない旧いソウルは、みるみる
地表から姿を消そうとしている。とはいえ、これはじつのところはおもに旧に復しているの
であって、一八九六年の秋まで残っていた暗くて狭い路地は、広い道路を徐々に侵食してで
きたものにほかならず、その路地を撤去したら道路の両側の水路があらわれたというわけで
ある。

31 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 05:23:54.61 ID:NOMN4e9Og
 当時行われていた(いまも行われている)のは住居を取り壊して持ち主に補償し、古い運
河を修復して、住宅は運河から一定の距離をおいたところに建て直すよう指導することだっ
た。広くて立派な大通りの両側にはこのように建て直したかわら屋根の家々がわらぶき屋根
にとってかわった。外壁の下部はたいがい細木を編んだものにかわって石が使われている
し、住宅や店舗の正面には装飾を入れたりこぎれいにしようとする努力があきらかに見ら
れ、また床暖房の煙を直接通りに吐きだしていた煙穴には、いまやアメリカ製灯油缶でつく
ったぴかぴかの煙突がとりつけられている。
 大通りのなかには現在その一部をプロムナードにしているものもあり、広く利用されてい
る。商業は以前よりずっと活発で、商店には陳列品も増えてはるかに盛況を呈しており、こ
れを機に済物浦(チエムルポ)に支店を開いた香港上海銀行が首都に進出するのも間近であろうと思われ
る。

32 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 05:25:41.09 ID:eDvJKHHUZ
 とはいえ、改善整備されたのは大通りのみにとどまらない。狭い道路の多くが道幅を拡張
し、砂利を敷いて両側に石の側溝がつくられている。なかには住民自身が工事したものもあ
る。そのほか、ソウル独特の悪臭が消えた。衛生規則が強化され、また家の前の積雪は除去
することが全戸に義務づけられるところまで教化が進んでいる。その変身ぶりはたいへんな
もので、わたしは一八九四年当時そのままの姿の残るスラムを写真に撮ってこの章に添えら
れればと探してみたが、そんな場所はどこにも見つからなかった。とはいえ、首都修復は朝
鮮式の方法に則ったもので、西洋化されているのではないことを念頭に置かなければならな
い。

33 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 05:27:27.10 ID:2Mv3uKJZ/
 しかしながら、外国公使館、領事館、伝道団などに充(あ)てられた区域である貞洞(チヨンドン)は、慶運
宮とその付属の建物群がこの外国人居住区のまん中に建つことにならなければ、朝鮮色がほ
とんどなくなっていたにちがいない。現地人の住宅は大部分が買収された。外国の商店のあ
る広い道路が建設された。フランスが丘の上に建てた公使館の豪壮さはロシア公使館に勝る
とも劣らない。合衆国メソジスト長老派は赤レンガの大聖堂を完成させたが、この建物はロ
ーマカトリックの大聖堂と同じくどこからでも眺められる。
 荷物を積んだ牛馬が何代にもわたってあえぎながら通った起伏の激しい峠道、朝鮮国王が
即位するたびに訪れる中国の勅使団の華麗さを見てきた《北京パス》も、趣のあるその特徴
を失った。岩のでっぱりや穴ぼこや石ころはなくなり、道幅を拡張し、山肌をけずり、ロシ
ア公使の賛助のもとに擁壁と立派な排水溝のある、以前よりも低くて広い道路に生まれ変わ
って人や物資を運んでいる。

34 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 05:29:10.29 ID:9nREt4f6w
 そのほかにもいろいろな変化が目についた。長きにわたり政治舞台で重要な役割を務めた
大院君(テウオングン)が、みずからの宮殿に事実上幽閉されていた。数々の殿舎と広々とした庭園を持つ東
と西の王宮が無人のまま放置され、すでに荒れはじめていた。日本兵はあれだけ長いあいだ
住んでいた景福宮そばの兵舎を引き上げ、公使館衛兵程度の規模に縮小されており、日本人
居住区に宿舎を置いていた。貞洞から分かれた宣教師の集団は市内各地に住み、また軍隊人
気と相まって学校が未曾有(みぞう)の「ブーム」となり、ブームは学者ばかりでなくソウルじゅうの
少年を巻きこんでいた。

35 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:20:39.47 ID:+gPcj+kAP
週刊 ザ・ムービー No.61(1920年)
p33
The Year of 1920
1月/JANUARY
10日 ベルサイユ条約の発効とともに国際連盟が
成立。日本を含む42カ国が加盟したが、国際連盟
を提唱したウィルソン大統領の国アメリカは参加を
見送った。
17日 アメリカで、禁酒法こと憲法第18修正が施
行される。同法はアルコール含有量0.5パーセント
以上の飲料の製造・販売および輸送を禁じていたた
め、前日の16日にはできるだけ多量のアルコール
を自宅へ運び込もうとする運搬車でアメリカ全土の
道路が埋まった。
24日 イタリア出身の画家モディリアニがパリで死
去。エコール・ド・パリの画家として知られ、独特の
長い首と長い手を持つ女性たちの肖像画を残した。

36 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:22:24.41 ID:c4IwyFyM+
2月/FEBRUARY
7日 連合国を後ろ盾に反ソビエト政権の確立を目
指していた反革命派のコルチャック提督が銃殺刑に
処される。前全ロシア臨時政府(オムスク政府)の
最高統治者だったコルチャックは前年11月に革命
委員会によって処刑を宣言されていた。
[写真]
恒久平和への願いを込め、1月10日、国際連盟が成立。第一次世界
大戦による惨禍を教訓に、国際紛争の解決にあたっていった。

37 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:23:56.83 ID:9nREt4f6w
3月/MARCH
12日 日本のサケ・マス漁業の根拠地となってい
た尼港(ニコライエフスク)で、日本守備隊とロシ
アのパルチザン部隊が武力衝突。約4000人の大部
隊を擁したパルチザン側が圧勝した。
13日 ベルリンで、ワイマール共和国の革命政権
に対するクーデターが勃発する。これによって東プ
ロイセン地方総監のウォルフガング・カップが政権
をとったが、ゼネストと政府官僚の非協力的態度に
より4日後に辞任した。
15日 東京株式市場で株価が大暴落。市場が恐慌
状態となる。

38 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:25:37.83 ID:2Mv3uKJZ/
4月/APRIL
4日 コルチャック政権の崩壊でイギリス、フラン
スなどがシベリアからの撤兵を決める中、引き続き
残留を決めた日本軍が、ウラジオストクでロシア革
命軍と衝突。沿海州各市の武装解除を強行した。
4日 イスラム教のネビ・ムッサの祭とユダヤ教の
過ぎ越しの祭が重なったこの日、エルサレムで双方
の教徒が衝突。イギリス軍が仲介に入り鎮静化した
が、横町や路地などでは小競り合いが続いた。
[写真]
ロシア革命干渉を目的にシベリアに出兵していた連合国は、反革
命政府の崩壊後、4月より撤兵を開始。だが日本軍は守備隊を残留
させ、ロシア革命軍や中国軍などと各地で紛争を起こした。

39 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:27:15.70 ID:ZSZKI9+Ml
5月/MAY
2日 上野公園で、日本初のメーデーが行われる。
街頭デモは禁止されていたが、閉会後一部が行進を
始めて警官隊と乱闘を起こした。

40 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:28:54.14 ID:nQoDmLs0t
6月/JUNE
14日 ドイツの社会科学者マックス・ウェーバー
がミュンヘンで死去。ヨーロッパ合理主義の普遍性
を追求し、名著「プロテスタンティズムの論理と資
本主義の精神」を残した。
24日 ベルリンのオットー・ブルヒャルト画廊で
「国際ダダ展覧会」が開催される。非政治的でナン
センスな内容のものが多い他の都市のダダに比べ
て、ベルリン・ダダの運動は左翼的傾向が強かった。

41 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:32:26.65 ID:3Yxopi4HB
7月/JULY
25日 フランス軍がダマスカスを占領。1918年
にシリア国王を名乗ったファイサル率いるアラブ軍
は敗走し、フランスによるシリア統治が始まった。

42 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:34:08.23 ID:A4bkRRZdU
8月/AUGUST
14日 第一次世界大戦の傷跡の残るベルギーのア
ントウェルペンでオリンピックが開幕。日本は、テ
ニスで好成績を収めるが、この大会までクロールと
いう泳法を知らなかった水泳では惨敗した。
28日 アメリカで憲法第19修正として可決された
婦人参政権が発効。36の州での憲法修正の批准を
受けたものだが、反対も根強く、南部9州では否認
された。

43 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:35:48.77 ID:+gPcj+kAP
9月/SEPTEMBER
29日 前年のワールド・シリーズでの八百長事件
を審理していたイリノイ州クック郡刑事裁判所大陪
審が、シカゴ・ホワイトソックスの主力選手8人の
起訴を答申。翌年8月には全員無罪の判決が出たが、
アメリカ大リーグ・コミッショナーは彼らを球界か
ら永久追放した。

44 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:37:28.60 ID:yX/QBLUEj
10月/OCTOBER
1日 日本の第1回国勢調査が実施される。結果は
12月に発表され、台湾、朝鮮、樺太を含む総人口
は7700万5510人だった。
2日 朝鮮東北部を流れる豆満江以北の中国領間島の
日本領事館分館が抗日ゲリラに襲われる。建物は全
焼し、日本人死者13人、重軽傷者30人余りを出した。

45 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:39:04.84 ID:9nREt4f6w
11月/NOVEMBER
2日 ピッツバーグのラジオ局KDKAが午後6時か
ら大統領選の経過を伝え、世界初の本格的定時放送
が開始された。KDKAは、その後も野球やボクシン
グの生中継や市況放送など数多くの“世界初”の番
組を生み出していく。
21日 アイルランドのダブリンで、フットボール
観戦中の人々に対してイギリス軍特殊部隊が無差別
に発砲、72人の死傷者を出す惨事となる。マイケ
ル・コリンズ率いるアイルランド共和国軍が、前日
14人のイギリス軍秘密諜報部員を処刑したことに
対する報復と見られた。

46 :◆p132.rs1IQ:2019/03/02(土) 09:40:43.46 ID:c4IwyFyM+
12月/DECEMBER
17日 日本政府が国際連盟理事会の決定した「赤
道以北太平洋ドイツ領諸島委任統治条項」の認証謄
本を受領し、同条項の制定に対して同意を宣言。こ
れによって日本が第一次世界大戦中に占領していた
南洋諸島が日本の委任統治国となる。
23日 アイルランドを南北に分割し、南北二つの
自治議会を設ける「アイルランド統治法」が成立。
しかし、南部はこれを認めず、ゲリラ戦などで抵抗
を続ける。

47 :◆p132.rs1IQ:2019/03/03(日) 10:22:09.26 ID:wrLIcKb80
尼港事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BC%E6%B8%AF%E4%BA%8B%E4%BB%B6

48 :◆p132.rs1IQ:2019/03/04(月) 09:25:24.45 ID:8O2XmB71c
朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期
イザベラ・バード
時岡敬子[訳]
p554
 監獄改善に関しては多くの対策がなされてきたが、囚人の区分をはじめまだ手つかずのま
まになっている問題も多い。それでも、ソウルの監獄は改革が行われていない清その他の東
洋諸国にくらべれば、非常に好ましい方向に差をつけている。拷問は少なくとも表向きには
廃止されたし、切断された首や胴体をさらしたり、笞(むち)打ちや身体のそぎ切りで死にいたらし
めるようなことは日本の支配を受けていた時代になくなった。ソウルの監獄を見学した日の
午後、わたしは繁華街の雑踏のなかに三脚状に組んだ棒につるした首がさらされ、《東大門》
外の道ばたの血だまりのなかに首のない胴体が転がっているのを見たのが、わずか二年前だ
とは信じられない気持ちだった。

49 :◆p132.rs1IQ:2019/03/04(月) 09:26:55.79 ID:lhCueNP+7
 その他ソウルの変化はあまりに多くてここには書ききれない。現駐韓合衆国公使のアレン
博士は、一八九六年の九月から一二月にかけて行われた整備改革はそれまで博士がかの国で
暮らした一二年間分を上まわると述べているし、わたしが滞在していたときも、最後の三ヵ
月間は毎週のようになにかかにか新しいものが見られた。
 一八九七年一〇月一二日、国王は《天の神の祭壇》[円丘壇]前で厳粛な儀式を執り行っ
てみずからの称号を皇帝と改めたのち、国号を大韓帝国(テハンチエグク)とすることを宣言した。

50 :◆p132.rs1IQ:2019/03/05(火) 08:15:03.48 ID:5FBt3mjiH
新聞が語る明治史 明治二六年〜明治四五年
土屋喬雄[監修]
荒木昌保[編集]
p485
明治四十二年(一九〇九年)
  韓国一進会率先して
   日韓合邦の運動を起す
〔一二・六、東朝〕(四日京城発) 三日夜の三党協議会は予期の
如く分裂せり、斯は李完用氏があらゆる策を廻らして一進会を孤立
せしめんとせるより、一進会は急転直下合併論を堅く主張したる為
なり、是より先き一進会は竊に各党代表者八十名及会員の重なる者
を某所に集め、協議の形勢を窺ひつゝありしが、予定の如く分裂せ
りとの報を受くるや徹宵準備に係り、上奏文と日本政府への請願書
を認め、一面国民に対する声明書を起草し、共に四日朝一斉に発表
したるなり、而して合邦を望む要旨は年々日本政府より多額の資金
を得て、保護政治を行はるゝも、未だ我等は幸福を受くるに由な
し、故に寧ろ此際我々は日本国民となりて、総ての政治機関は日本

51 :◆p132.rs1IQ:2019/03/05(火) 08:16:43.30 ID:6yctqvVWR
の直接機関に従ひ、漸次多額の資金を挙げて殖産興業の為に投ぜら
れんには、啻に我々の福利のみならず、我々は一等国民と成りて世
界に誇る事を得べし、併し五百年来の皇臣の情誼は之を保持し、我
皇室の尊厳は飽まで尊重すべく、日本政府必ず之を許すべし、因つ
て吾等は合邦の一日も早からんことを望むと云ふにありて、極めて
単純のものなり、其皇帝に捧呈せしものは未だ不明なるも、文中頗
る激越の文字ありと、偖今後の状態は如何、予て此挙を密に探知し
居れる李完用は最も敏捷に其防止策を執り居れり、一進会の此挙彼
に乗ぜられたる如くなれば、或は李完用の防止策効を奏し得るやも
測り難けれど、西北學会員は挙げて一進会を輔佐するの形跡あると
共に、大韓協会員中にも異分子を生ずるが如き傾向あり、朝来各政
党入り乱れ暗闘を逞うし居れり、一進会長李容九氏は今回は死を覚
悟し居れりと言ひ居れり、又以て一進会の決心を推定し得べく、之
に反抗する大韓協会の模様により、漢城政界久々ぶりに大騒擾を来
しはせざるかと思はる。

52 :◆p132.rs1IQ:2019/03/06(水) 08:41:31.74 ID:VKDdGy5EM
朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期
イザベラ・バード
時岡敬子[訳]
p550
 ソウルで起きた最大のできごとのひとつに一八九六年四月、ジェーソン博士が『独立新
聞』を創刊したことがある。これは英語と朝鮮語で書かれた二ページ、週三回発行の新聞
で、一八九七年には四ページに拡大され、英語版と朝鮮語版がべつべつに発行された。朝鮮
人が自国で現在起きているできごとについてあまりに無知であること、首都にうわさが流れ
るたびにそのえじきとなりがちな傾向のあることをいくらかでも認識していた人々にとっ
て、新聞創刊の意義は大きく、人々を啓蒙し、王室と官僚の不正行為を批判する世論を生み
だす点で効果が期待できる。『独立新聞』はすでに官僚腐敗をあばき、白日のもとにさらす
上で重要な役割を果たしており、また合理的な教育と正当な改革を求める声を生みだしつつ
あり、不正者にとってはなんらかの脅威となっている。ジェーソン(徐載弼)(ソジエピル)博士はアメリ
カで教育を受けた朝鮮人紳士で、自国の安寧を心の底から願っている人物である。

53 :◆p132.rs1IQ:2019/03/06(水) 08:43:07.56 ID:6arfN8bdJ
 諺文(オンムン)で書かれた新聞の束をわきにかかえた売り子の少年が街を通りすぎる姿や、それぞれ
の店内で新聞を読む人々の姿は一八九七年の新しい光景である。『独立新聞』のほかに、現
在ソウルには諺文で書かれた週刊新聞『朝鮮基督人会報』、『基督教会報』の二紙がある。ま
た独立協会は政治、科学、世界時事をあつかう月刊誌『大朝鮮独立協会会報』を発行し、二
〇〇〇人の購読者を得ている。ソウルにはまた日本語と朝鮮語の混ざった隔日発行の『漢城
新報』つまりソウル新聞があり、釜山(プサン)と済物浦(チエムルポ)には日本語の新聞がある。こういった刊行物
と、かの賞賛すべき『コリアン・レポジトリー』誌はすべてこの三年間に成長してきたもの
である。
 朝鮮や中国で弱者が強者に対する護身手段として発揮する団結の才は、有用な便益となり
はじめている。この種の団体は契(ケ)といい、最も注目に値する朝鮮らしい特色のひとつで、保
険会社、互恵団体、金融組合、トンチン年金組合、婚礼や葬式の共済会、大手商業ギルドな
どに発展している。

54 :◆p132.rs1IQ:2019/03/06(水) 08:44:41.81 ID:8Nmyq53UT
 右にあげたのは例のごく一部で、こういった団体が無数にあるため朝鮮人社会はひたすら
込みいっている。また朝鮮の実業界はイギリスのそれよりもはるかに組織化が浸透してお
り、国内のほぼすべての商人がギルドのメンバーで強力に結束し、必要時の相互扶助を一様
にその特徴としている。このように統一行動をとりやすい傾向と、共同事業を成功させるに
は不可欠の適度な公正さを土台に、さまざまな共同資本の企業が設立されており、そのうち
最重要なものがなめし革工場である。朝鮮の生皮は皮革業に対する身分差別と迷信による偏
見のせいで、これまで日本に送られて加工されていた。この工場を設立して加工方法を教え
てくれる日本人指導者を招聘(しようへい)したことにより、ソウルのみにかぎるとしても、愚かしい偏見
に終止符が打たれたばかりでなく、きわめて有利な産業が緒に就いたわけで、ほかの産業も
これにつづいている。

55 :◆p132.rs1IQ:2019/03/06(水) 08:47:18.55 ID:VKDdGy5EM
徐載弼 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%90%E8%BC%89%E5%BC%BC

56 :◆p132.rs1IQ:2019/03/07(木) 12:22:49.50 ID:g7W5jdhFa
5chの

40年前のコミケのコスプレが発見される ケンモじさん達はこんなので抜いてたのかよ

スレから

ファンロード 1985年3月号
p18
コミック・イベントルポ
http://i.imgur.com/uQsJZQL.jpg

57 :◆p132.rs1IQ:2019/03/08(金) 09:00:58.74 ID:Is+dtIXYj
新聞が語る明治史 明治二六年〜明治四五年
土屋喬雄[監修]
荒木昌保[編集]
p361
明治三十八年(一九〇五年)
  日韓新協約反対に狂奔したる 閔泳煥 自殺す
〔一二・二、東朝〕(卅日京城発) 先頃より其部下を使嗾して、
新協約に反対の運動を試みつゝありし前参政閔泳煥は、数日前不図
憂欝症に罹り、精神に異状を生じ居たるが、今朝終に小刀にて咽喉
を切り見事に自殺を遂げたり、彼は閔族の名門にて年齢四十歳前後
なり、猶閔泳煥の北堂も薬を仰ぎ自殺せしとの説あれど疑はし。
 閔泳煥の政暦(同上) 自殺を遂げし閔泳煥は明治二十九年三
月、韓皇猶露国公使館に播遷中の宮内府特進官従一品にて、韓皇の
内命を奉じ、特命全権公使として露国に派遣せられ、露国皇帝の即
位式に参列し帰朝後益々露国党を以て知られしが、近年は態度を一
変して、米国派に親しみ、屡ば政府の要路に立ち、相応の勢力を振
へり、彼は近く今年四月頃にも議政府参政の要路に立しことあり、
現官は侍従武官長なり。

58 :◆p132.rs1IQ:2019/03/08(金) 09:02:27.32 ID:vNUhJZe9W
大韓帝国愛国歌 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%9F%93%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E6%84%9B%E5%9B%BD%E6%AD%8C

59 :◆p132.rs1IQ:2019/03/08(金) 09:04:03.42 ID:vNUhJZe9W
新聞が語る明治史 明治二六年〜明治四五年
土屋喬雄[監修]
荒木昌保[編集]
p362
明治三十八年(一九〇五年)
  元老 趙 秉 世 も自殺
〔一二・三、東朝〕(一日京城発) 元老趙秉世も今朝自殺を計り
て、阿片を呑み、武軍医の手にて治療中。

60 :◆p132.rs1IQ:2019/03/08(金) 09:05:17.40 ID:JlNBTLlJX
趙秉世 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%99%E7%A7%89%E4%B8%96

61 :◆p132.rs1IQ:2019/03/10(日) 14:21:57.22 ID:1V7+FX1Yi
朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期
イザベラ・バード
時岡敬子[訳]
p415
 市(いち)のあった成川(ソンチヨン)から二日の旅のあいだにわたしたちは郡庁所在地の慈山(チヤサン)と殷山(ウンサン)をすぎて
いる。慈山を越えてすぐに大同江(テドンガン)を舟で渡った。この地点で大同江は幅三一七ヤードの大河
としての風格をみせ、渡し舟の船頭によれば、水深四七フィートあるという。あたり一帯は
人口も多く、土地は肥沃である。平安道には赴任地在住の両班(ヤンバン)はいない。金は簡単な方法を
用いて各地でとれるが、とくに金山(クムサン)が産地である。風光明媚な村月浦(ウオルポ)をはじめいたるところ
で粗雑な種類の紙が大量につくられている。紙とたばこは当時さかんな生産品で平壌に出荷
されていた。
 朝鮮ではほかのどこよりも紙の用途が多様であり、生産される紙のじょうぶさと耐久性は
測り知れない。粗紙はぼろ布や古紙から、上質紙はコウゾからつくる。いくらかでも清に輸
出されるものがあるとすれば、それは紙で、用途がある程度似通っているのである。

62 :◆p132.rs1IQ:2019/03/10(日) 14:23:42.03 ID:5liZ0Ee8Q
 厚さが六分の一インチほどの油紙は絨毯(じゆうたん)やむしろのかわりに床にはる。水ぶきできるう
え、からぶきすればとてもつやがでる。王宮では二色の油紙が吟味して使われているが、オ
ークの寄せ木細工のようである。油紙は壁紙にも用いられる。薄手のものは朝鮮人のだれも
が袖に入れて持ち歩いている円錐形の折りたたみ式帽子カバーや、防水マント、コート、荷
物の覆いに使う。厚紙を重ねてたたいた、うんと厚手の紙のトランクは重いものを入れても
なんともない。ちょうちん、たばこ入れ、扇子は紙製で、朝鮮家屋の格子細工の窓に「はめ
こんであるガラス」は薄くて白くてじょうぶで種類も多い半透明の紙である。とはいえ、わ
たしの写真用のガラス板はきれいにふいておきさえすれば、よく賞賛の的となった。自分の
家の窓に一枚はめこんで、隣人にはかなえられない楽しみとスパイ行為をおもしろがってい
る戸主も多かった。

63 :◆p132.rs1IQ:2019/03/11(月) 12:19:34.19 ID:kR1obJJ4J
われら
ザミャーチン
川端香男里[訳]
p206
 さて、満場一致デー。この偉大なる日について語ろう。子供の頃から私はいつもこの
日が好きだった。われらにとって、この日は、古代人にとっての《復活祭》のようなもの
であると思う。その前夜にはよく一種の時間を表わすカレンダー風のものを作ったもの
だ――意気揚揚と一時間ごとに消して行くのである――一時間だけ近くなり、一時間だ
け待つ時間が少なくなる……もし誰にも見られないという確信があれば――本当に、今
だってそんなカレンダー表をどこへでも持ち歩いて、明日までどのぐらい残っているか、
ずっとそれから眼を離さずにいることだろう。明日こそはたとえ遠くからでも見られる
のだから……。
(ちょっと邪魔がはいった。新しい、工場から出荷されたばかりの制服(ユニフア)が届いた。慣
例によってわれら全員に、明日のために新しい制服が支給されるのである。廊下では人
人の足音、嬉しそうな喚声、ざわめき。)

64 :◆p132.rs1IQ:2019/03/11(月) 12:21:09.21 ID:8GJJYUt91
 続けよう。明日は年年繰り返される同じものを見るわけだが、それはまた見る度に新
たに胸をときめかせるような光景である――力強い同意の乾杯、敬虔にあげられた人人
の手。明日は恩人の年一回の選挙日なのである。明日われらはふたたび、われらの幸福
のゆるがぬ砦の鍵を恩人にゆだねるのである。
 言うまでもなく、この行事は古代人の無秩序で組織されていない選挙なるものとは相
似た点はない。おかしなことに、古代人の選挙では、選挙の結果すらあらかじめ分って
はいなかったのである。まったく計算も考慮もない偶然のうえに、当てずっぽうに国家
を建設しようというのだが、これほど無思慮なことがあり得ようか? それにもかかわ
らず、実際には、こういうことを理解するのに何世紀もの年月が必要だったのである。

65 :◆p132.rs1IQ:2019/03/11(月) 12:22:42.96 ID:+EBvayIBD
 このわれらの時代には、他のすべての事と同じように、いかなる偶然の起こる余地も
なく、いかなる予期せざることも起こり得ない、ということを言う必要があるだろうか。
選挙それ自体も、むしろ象徴的な意義を持っているのだ。すなわち、われらが、百万の
細胞からなる単一の強力な組織体であり、われらが(古代人の《福音書》の用語を使って
言うなら)単一の教会なのだということを思い起こさせるのである。なぜなら単一国の
歴史は、この祝祭日に、ただ一つの声といえども荘厳な斉唱を乱したというような例を
知らないからである。
 古代人は選挙を、ある秘密なやり方で、泥棒のように隠れて行なったそうである。わ
れらの歴史家の中には、古代人がこの選挙の祝宴に、念入りに変装をして現われること
もあったと、主張するものさえある。(この幻想的な暗い光景を想い描くことができる

66 :◆p132.rs1IQ:2019/03/11(月) 12:24:19.36 ID:jmvZ9Ml+f
――夜、広場、黒衣をまとって壁にそって忍び足で歩く人の姿。低く風にゆらめいてい
るたいまつの赤紫の炎……)こういった秘密性がどうして必要だったのか――今日まで
決定的には解明されていない。おそらく選挙というものは、ある種の神秘的、迷信的な
儀式とあるいはたぶん、犯罪的儀式とさえつながりを持っていたのだろう。われらには
隠すべきことも、恥ずることも何もない。われらは選挙を公開して、誠実に、昼間に祝
う。私はすべての人が恩人に賛成投票をするのを見ているし、彼らもみな、私が恩人に
賛成投票をするのを見ている――《すべての人》も《私》も単一の《われら》なのだとすれば、
他のやり方があり得るだろうか。古代人の臆病な泥棒めいた《秘密》にくらべて、どれほ
ど高尚で誠実で気高いものであろうか。それに合理性においてもはるかにすぐれている。

67 :◆p132.rs1IQ:2019/03/11(月) 12:25:55.70 ID:kCePbPXE/
不可能なることを(つまりある種の不協和音がわれらの通例の単声曲(モノフオニー)の中に入りこむこ
とを)仮定してみたところで、見えざる守護者がまさにここにわれらの隊列の中にいる
のだから、迷妄に落ちこんだ員数(ナンバー)をすぐに確認して、それ以上誤った道を進むことがな
いように救い出し、また単一国をも彼らから救い出すことができるのである。そして、最後に、もう一つ……

68 :◆p132.rs1IQ:2019/03/14(木) 08:32:17.33 ID:KbvGvt6oD
朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期
イザベラ・バード
時岡敬子[訳]
p537
 国王は一年以上にわたってロシア公使館で政務を執られた。これは臣民の大多数にとって
は非常に不愉快な策で、君主が外国公使館の保護を受けるとは当然国民全体の屈辱だと考え
られたわけである。国王をもとの王宮にもどす陰謀があるといううわさがそこかしこに飛び
かい、ロシア人将校が輿にぴったりついて歩かなければ、国王が亡き王妃の廟を訪ねようと
されないときもあった。

69 :◆p132.rs1IQ:2019/03/14(木) 08:33:59.26 ID:aPgj8mafj
 ロシア公使のウェーベル氏は当時朝鮮に住んで一二年たっていた。氏はロシア帝国の有能
かつ忠実なしもべである。国王からも、また外国人社会全体からも信頼され、国王の王宮脱
出までは朝鮮人の親密で沈着な友人だった。氏の助言があれば、国王がとんでもない登用を
行ったり、独断で臣下を逮捕・拘禁したり、順調に職務をこなしている官僚を理由もなく左
遷したり、ヨーロッパ諸国へ使節団を送るだの軍隊と警官隊を必要以上に強化するだのとい
った、あとさき考えぬ浪費をしたりするのは防げたかもしれない。しかし氏は受け身に回
り、朝鮮人を「自業自得で苦し」ませ、おそらく本国からの命令のもとに行動して、朝鮮に
「首をつるのに充分なロープ」をあたえた。こうした一連の行動は、今後ロシアが干渉する
際にすじの通った弁解としかねないものである。本国からの命令がなかったとしても、かく
も人望驚くかくも優秀な外交官が事態を完璧に掌握できるときに、その価値ある助言で国王
を助けるという、他の外交官全員が心から賛同したはずの策をなぜ取らなかったのかという
不可解な謎は残る。

70 :◆p132.rs1IQ:2019/03/14(木) 08:36:21.62 ID:uUrR2sC6W
 いずれにしても、ロシア公使館に遷幸(せんこう)して以来国王が享受した自由は朝鮮にとっては益と
ならず、最近の政策は、総じて進歩と正義をめざしていた日本の支配下で取られた政策と
は、対照的に好ましくない。
 昔ながらの悪弊が毎日のように露見し、大臣その他の寵臣が臆面もなく職位を売る。国王
の寵臣のひとりが公に告発されたときには、正式の訴追要求がなされたのに、その寵臣はな
んと学務省副大臣になっている! 一八九五年一〇月八日[乙未事変]の反逆的将校や、武
力で成立した内閣の支配からも、心づよくはあっても非人道的なところの多かった王妃の助
言からも、また日本の支配力からも解放され、さし迫った身の危険もなくなると、国王はそ
の王朝の伝統のうち最悪な部分を復活させ、チェック機関があるにもかかわらずふたたび勅
令は法となり、国王の意思は絶対となった。そしてその意思は国王に取り入ってその不安や
金銭欲につけこみ、私欲を肥やそうという下心のある者や、王宮脱出の際に助けてくれた側
室の朴氏や厳氏の言うがままであり、国王が人の好いのをいいことに、難なく職位を得ては

71 :◆p132.rs1IQ:2019/03/14(木) 08:38:03.65 ID:Ul33Hmno3
自分の一族にそれを売ったりあたえたりしている寵臣や、愚劣なへつらい屋のなすがままな
のである。潤沢な王室費と広範な特権を有しながらも、国王はその領土で最も貧しい人間で
ある。朝鮮で公職にある者のつねとして、寄生虫のような取り巻きの大群に囲まれており、
「くれ、くれ」とせがむ声が絶えないからである。

72 :◆p132.rs1IQ:2019/03/14(木) 08:40:03.66 ID:fVEn4b48x
 人が理由もなく投獄され、最下層民の何人かが大臣になった。金玉均(キムオツキユン)を暗殺した犯人が
式部官に任命され、悪事をつづけてきて有罪の宣告を受けた者が法務大臣になった。官職を
こっそり売買したり、国庫に入るべき金を途中で着服したり、貧乏な親戚や友人を「箔(はく)づ
け」して官舎に住まわせるためにほんの数日間だけしかるべき官職に就けたり、高官が少し
でも非難されたらすぐに辞任するという習慣がはびこったりした結果、国政はつねに混沌と
した状態にあった。善意の人ではありながらも優柔不断な国王は、絶対的存在であるのに統
治の観念がなく、その人柄につけこむさもしい寵臣のおもちゃであり、貪欲な寄生虫にたか
られ、しかもときには外国の策士の道具となっている。そして常設しておくべき機関を壊す
ことによって政府の機能を麻痺させ、私欲に駆られた官僚の提案する、金に糸目をつけない
計画を承認することによって、経済財政改革を一過的で困難なものにしている。こんなめち
ゃくちゃな政治のやり方は、ロシア公使館にのがれて自由を得るまでの国王には決して見ら
れなかったものである。

73 :◆p132.rs1IQ:2019/03/14(木) 08:41:45.89 ID:YjP8MVrBv
乙未事変 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%99%E6%9C%AA%E4%BA%8B%E5%A4%89

74 :◆p132.rs1IQ:2019/03/14(木) 09:20:46.92 ID:vZwU03A/k
>>69
×人望驚く
○人望篤く

75 :◆p132.rs1IQ:2019/03/17(日) 12:30:54.43 ID:mwmsmagul
新聞が語る明治史 明治二六年〜明治四五年
土屋喬雄[監修]
荒木昌保[編集]
p47
明治二十八年(一八九五年)
  朝 鮮 独 立 誓 告 式
   大廟誓告文十四箇条
〔一・九、東京日日〕 七日京城第六特派員志賀祐五郎発。
 本日国王陛下の大廟に誓告せられたる条々左の如し。

76 :◆p132.rs1IQ:2019/03/17(日) 12:32:33.61 ID:/ulEmfIQp
一 清国に附倚する慮念を割断し自主独立の基礎を確建す。
二 王室典範を制定し、以て大系承及び宗戚の分義を明にす。
三 大君主は正殿に御して事を視られ、国内の政務は親ら各大臣に
 諮り裁決す、后嬪宗戚は干預するを容さず。
四 王室の事務と国政事務とは須く乃ち分賦して、相混合すること
 なかるべし。
五 議政府及び各衙門の職務権限は、明に制定を行ふ。
六 人民の税を出すことは総て法令定率に拠る、濫りに名目を加へ
 徴収を乱行すべからず。
七 租税の徴収及び経費の支出は総て度支衙門の管轄に由る。

77 :◆p132.rs1IQ:2019/03/17(日) 12:34:19.56 ID:Plj0qt+Zt
八 王室の費用は率先して減節し以て各衙門及び地方官の模範とな
 す。
九 王室費及び各官府の費用は、一件の概算を予定して財政の基礎
 を確定す。
十 地方官制の改定を行ひ、以て地方官吏の職権を限節す。
十一 国中の壮俊なる子弟は広く派遣を行ひ、以て外国の学術技芸
 を練習せしむ。
十二 将官を養育し、徴兵の法を用ひ、軍制の基礎を確定す。
十三 民法刑法を厳明に制定し濫りに監禁懲罰を行ふべからず、以
 て人民の生命及び財産を保全す。
十四 人を用ふるに門地に関らず士を求むることは洽く朝野に及
 ぶ、以て人材登用を弘む。

78 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:22:51.91 ID:+653vrgsz
朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期
イザベラ・バード
時岡敬子[訳]
p319
 シーズン最後の日本の汽船でウラジオストクを発(た)ったわたしは、元山(ウオンサン)で二日すごした。
元山はほとんど変わっておらず、変化といえば、町並みのむこうの山が雪をかぶっているこ
と、朝鮮人が戦時中に日本人の払ったとほうもない労賃で裕福になったこと、商取り引きに
活気があること、木造の哨舎(しようしや)に日本人の番兵が立って平穏な通りを警備していることくらい
だった。戦時中は一万二〇〇〇人の日本兵が元山経由で平壌(ピヨンヤン)に向かったのである。つぎに
わたしが上陸した釜山(プサン)には二〇〇人の日本兵がいて、新しい浄水所ができ、丘の上にある軍
墓地に立つおびただしい墓碑は、大量の日本兵が死んだことを示していた。

79 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:24:46.61 ID:iX+EpqqgX
 一八九五年一月五日、長崎を経由して済物浦(チエムルポ)に着くと、港は前年六月の喧騒や活気と奇妙
なコントラストを見せていた。外港には外国の軍艦が二隻しか停泊しておらず、内港には日
本の商船が三隻いるばかりである。以前あれほど目についた軍隊色は、わずかな兵士と一〇
棟ある仮設病院の大きな小屋、そして込んだ墓地にさま変わりしていた。墓地には日本軍の
戦死者が六〇列になって眠り、それぞれ木の墓碑が立っていた。かつて大きな商店が立ちな
らび、雑踏にあふれ、取り引き交渉のわめき声が騒々しく、昼夜分かたず太鼓や銅鑼(どら)や爆竹
の音が鳴りやまなかった清国人居留地は、森閑として人気(ひとけ)がなく、イータイの旅館に着くま
で清国人にはひとりも出会わなかった。一軒の商店が思い切って商売を再開していた。夜間
には雑踏のざわめきや物音や照明や浮かれ気分の代わりに、閉ざした鎧戸(よろいど)のむこうからかす
かなあかりがさびしくもれてくるばかりだった。日本軍による占領は済物浦のこの区域を中
世の悪疫のように壊滅してしまったのである。

80 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:26:45.12 ID:Y8wYXUqKS
 日本人街と海岸沿いは殷賑(いんしん)をきわめていた。浜には入ってきた貨物と出ていく貨物が積み
上げられている。通りは荷物を積んだ牛やクーリーが大量に行きかうばかりか、山積みにし
た豆や米を路上で計っては袋につめているので、人がやっと通れる混雑ぶりである。物価は
高く賃金は二倍以上になっており、「搾取」はなくなって朝鮮人は自発的に働いていた。
 わたしは馬でソウルに向かった。雪が降りどおしに降っていた。お供がいらないほど治安
はよく、オリコルまで馬夫(マブ)もつけなかった。途中わたしが最初に立ち寄ったのは日本の郵
便局で、情勢の変化をなにも知らずに郵便局に入ったわたしは、親切な日本兵に迎えられ、
お茶と火鉢でもてなされた。ソウルにいたる道路は境界に日本の測量技師の手で鉄道敷設用
のくいが打ってあり、荷物を運ぶ人と牛が頻繁に行き来していた。

81 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:28:45.18 ID:+653vrgsz
 ソウルでわたしは五週間、イギリス総領事ヒリアー氏のお宅にお世話になった。天候はす
ばらしく、気温は二回華氏マイナス七度[摂氏マイナス二二度]まで下がって最低温度を記
録した。わたしは外国人社会からこの上なく温かい歓迎を受け、政治その他の関心事につい
て日々知識を吸収できるソウルの生活を満喫することとなった。朝鮮馬一頭と兵士ひとりを
つけてもらったので、路地の一本一本に足を踏みいれたり、城門を出てなんとも味わいのあ
る郊外や、みごとな樹木と堂々たる石像の立ちならんだ王家の陵墓を見物したりした。
 その前年の冬の不況は終わっていた。日本は支配的立場にあった。この首都に大守備隊を
置き、内閣の要人数名が国の名代として派遣され、日本の将校が朝鮮軍を訓練していた。改
善といって語弊があるなら変化はそこかしこにあり、さらに変化が起きるといううわさがし
きりにささやかれていた。表向き王権を取りもどした国王はそのような状況を容認し、王妃
は日本人に対して陰謀をいだいているとうわさされたが、井上[馨]伯爵が日本公使を務め
ており、伯爵の断固とした態度と臨機応変の才のおかげで表面上は万事円滑に運んでいた。

82 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:32:39.24 ID:1SKIszRCB
 一八九五年一月八日、わたしは朝鮮の歴史に広く影響を及ぼしかねない、異例の式典を目
撃した。朝鮮に独立というプレゼントを贈った日本は、清への従属関係を正式かつ公に破棄
せよと朝鮮国王に迫っていた。官僚腐敗という積年の弊害を一掃した彼らは国王に対し、
《土地の神の祭壇》[社稷壇(しやしよくだん)]前においてその破棄宣言を準正式に執り行って朝鮮の独立を宣
言し、さらに提案された国政改革を行うと宗廟前において誓えと要求したのである。小事を
誇張して考える傾向のある国王は自分にとってきわめて嫌悪を感じさせるこの誓告をしばら
く延期しており、式典の前夜ですら、代々守ってきた道をはずすことはならぬと祖先の霊か
ら厳命される夢を見て、式典執行におびえていた。

83 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:34:59.14 ID:8uOk1DVIH
 しかし井上伯爵の気迫は祖先の霊を凌駕し、北漢山(プツカンサン)のふもとの鬱蒼(うつそう)とした松林にある、朝
鮮で最も聖なる祭壇において、王族と政府高官列席のもとに誓告式は執り行われた。事態を
由々しく受けとめた老年の人々はその前々日から食を断って嘆いた。また《桑の宮殿》の敷
地にある丘からこの印象的な光景を眺めていた白服の群衆のあいだには、笑みもなければ発
されることばもなかった。空には暗雲がたれこめ、厳しい東風が吹き――朝鮮式の考えでは
不吉なしるしだった。

84 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:37:08.03 ID:pypSWWBJ6
 国王の行列はコドゥンの様相をいくらかは見せながらも、コドゥンを東洋世界で最も堂々
としたものにしているあの野蛮な壮麗さには欠けていた。実のところ野蛮ではあっても壮麗
ではなく、新しい時代とすぐそこまで押し寄せつつある西洋文明の波をうかがわせるものが
あった。宮廷内や行列のなかにきりりとした青い防寒コート姿の日本人警官が数人混じり、
内務大臣朴泳孝(パクヨンヒヨ)の警護にあたっているのがそれである。朴泳孝は一八八四年にクーデター
[甲申政変]を企てて失敗に終わった急進派のひとりで、報復の誓いの対象となった人物だ
った。にもかかわらず国王は彼を許し、降格されていたその祖先を復権させ、彼を亡命中の
外国から呼びもどして高官の地位を授けざるをえなかったのである。

85 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:39:06.87 ID:pypSWWBJ6
 王宮の外の長い道路には朝鮮の騎兵隊が整列し、顔を塀に、背中と馬のしっぽを国王に向
けていた。大量の朝鮮人兵士が銘柄のばらばらなマスケット銃をたずさえ、ズボンの丈もま
ちまちな黒と茶色と青の綿の制服を着て、白い綿入れの靴下にわらじ、ピンクのリボンを巻
いたチロリアン風の黒いフェルト帽という姿でごちゃごちゃと立っており、創設されたソウ
ルの警官が青い西洋式の制服姿でそれに混じっている。宮廷官吏の過食ぎみで立派な朝鮮馬
が一フィートも高さのある鞍(くら)と華麗で野蛮な装飾をつけ、頭には赤いポンポンを飾って赤い
たてがみを揺らしながら勢ぞろいしている。一般大衆はことばも動きもなくたたずんでい
た。

86 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:41:11.30 ID:/7cD9WTNZ
 予定よりずっと遅れ、国王は外国からの圧力に最後の抵抗を示すつもりだろうかという憶
測がわたしの頭に何度も浮かんだあと、行列が王宮の門からあらわれた。棒の先が三叉にな
った巨大な旗、高々と掲げられる紫色の包み、うやうやしく運ばれる石の台(3)。緋色と青の衣
を着て、衣と同色の道化師帽の形をした帽子をかぶった人々、黄色の服と黄色の竹帽子姿の
内廷官、そして小旗を持った従者たち。ついで紅絹の傘があらわれ、そのあとには四〇人で
かつぐ華麗な輿(こし)ではなく、両側にガラスのはまった簡素な木の輿がつづいた。その輿には青
白く気落ちした表情の国王が乗り、かつぎ手は四人しかいなかった。皇太子が同じような輿
に乗ってそのあとにつづいた。高官、大臣、将校が従者の手を借りて飾りをつけた馬にまた
がり、それぞれふたりの従者に鐙(あぶみ)を支えられ、さらにふたりの従者に馬を引かれて内務大臣
のうしろに整列した。内務大臣は黒いロバに乗り、外国製の鞍と外国人の護衛をつけている
のでよく目立つ。行列が聖なる場所に到着すると、軍の衛兵と騎兵の大半は塀の外側に残
り、国王と高官、そしておもな従者のみが祭壇の前へと進んだ。緋色の衣をまとった人々が

87 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:43:02.48 ID:OzNZWQ9f/
暗緑色の松の木陰に集まっているさまは趣という観点からはとても感動的で、政治的な見地
からは朝鮮国王がつぎのような宣誓を行ったことは、このたびの戦争という冗長なドラマに
おける最も意義深い場面であった。

88 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:56:38.97 ID:+653vrgsz
国王の宗廟誓告文
 開国五〇三年一二月一二日の本日、尊き皇室祖先のすべての御霊(みたま)に対し、その卑しき末
裔(まつえい)たる朕(ちん)は、いまをさかのぼる三一年前、幼少にして代々の強大な遺産を継承したこと
を、また天地神明を畏(かしこ)み、祖先伝来の規範に従って、幾多の困難に遭いながらも結束の緒
をゆるめずにきたことを明らかに宣言申し上げる。卑しき末裔たる朕が、天地神明の御心
にかなうなどとどうして断言できようか。これはひとえに祖先の慈悲深いご加護があった
からにほかならない。わが祖先は王家を創始したまい、五〇〇年にわたりその座を子孫
代々に譲り伝えたもうた。現在、朕の代において時代は大きく変化し、人も事物も拡大の

89 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 11:58:32.42 ID:ZbGtZgg4W
一途をたどっている。信頼するに足らんとする友邦と、朕の諮問機関たる《中枢院》の審
議は、主権の独立なくしてわが国の強化はないと提言している。卑しき末裔たる朕が時代
の主潮に逆らい、祖先伝来の領土を守りえなくなるような事態にいたらしめることがどう
してできよう。わが先達の美徳に光彩を添えるべく、みずからを練磨せずにどうしていら
れよう。今後わが国は他のいかなる国にも依存せず、繁栄に向けて大きく歩を踏み出し、
国民の幸福を築いて独立の基礎を固めるものとする。その途において、旧套(きゆうとう)に陥らず、ま
た安直もしくは怠惰な手段を用いることなく、ただ現状を注視し、国政を改め、積年の悪
弊を取りのぞいて、わが祖先の偉大なる計画を実行できんことを。

90 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 12:00:20.38 ID:B4wjbnFVE
 卑しき末裔たる朕は、ここに十四ヵ条の洪範を定め、わが祖先の御霊の前において、
代々伝わった功徳を信じ、この洪範を成功裏におさめることを不退転の決意で誓う。輝か
しき御霊よ、朕を見守りたまえ。

91 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 12:04:59.41 ID:pypSWWBJ6
国政改革のための洪範一四ヵ条
一、清国に依存する考えをことごとく断ち、独立のための確固たる基礎を築く。
二、王室典範を制定し、王族の継承順位と序列を明らかにする。
三、国王は正殿において事を見、みずから大臣に諮(はか)って国務を裁決する。王妃ならびに王
 族は干渉することを許されない。
四、王室の事務と国政とは切り離し、混同してはならない。
五、内閣[議政府]および各省庁の職務と権限は明らかに定義されねばならない。
六、人民による税の支払いは法で定めるものとする。税の項目をみだりに追加し、過剰に
 徴収してはならない。
七、地租の査定と徴収および経費の支出は、大蔵省の管理のもとに置くものとする。

92 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 12:06:55.10 ID:ZbGtZgg4W
八、王室費は率先して削減し、各省庁ならびに地方官吏の規範をなすものとする。
九、王室費および各官庁の費用は毎年度予算を組み、財政管理の基礎を確立するものとす
 る。
一〇、地方官制度の改正を行い、地方官吏の職務を正しく区分せねばならない。
一一、国内の優秀な若者を外国に派遣し、海外の学術、産業を学ばせるものとする。
一二、将官を養成し、徴兵を行って、軍制度の基礎を確立する。
一三、民法および刑法を厳明に制定せねばならない。みだりに投獄、懲罰を行わず、なに
 びとにおいても生命および財産を保全するものとする。
一四、人は家柄素性に関わりなく雇用されるものとし、官吏の人材を求めるに際しては首
 都と地方を区別せず広く登用するものとする。

93 :◆p132.rs1IQ:2019/03/18(月) 12:09:39.53 ID:O6qcberD0
>>86
原 注
(3) これらは中国人がチンと呼ぶ古い楽器で、孔子の時代に宮廷で用いられた。

94 :◆p132.rs1IQ:2019/03/19(火) 09:09:37.46 ID:j4bJ/zucf
雷鳴の館
ディーン・R・クーンツ
細美遥子[訳]
p444
「助け出すって何から?」
「地獄からだよ。やつらがきみに植えつけた一番新しい文句がそれだろう? 地獄。それがこ
のプロジェクトの名称なんだ」

95 :◆p132.rs1IQ:2019/03/22(金) 09:32:28.42 ID:KJaYTjY+2
新聞が語る明治史 明治二六年〜明治四五年
土屋喬雄[監修]
荒木昌保[編集]
p36
明治二十七年(一八九四年)
 韓国民の階級 〔八・七、東京日日〕 朝鮮人民の階級殊に両班
と称する一種族の上に就ては、世説区々に渉り未だ其の実を悉した
るものなし。古来同国に於ける人民の階級は凡そ六等にして、第一
両班、第二中人、第三吏校、第四常民、第五奴婢、第六白丁之れな
り、左に其の種別を列記す。

96 :◆p132.rs1IQ:2019/03/22(金) 09:34:59.39 ID:G5FfnVgq1
 両班 文武(マヽ)武弁にして、高等の官職に就くの資格を有す。就中士
 太夫と称するものは最も高貴の家柄なり。
 中人 中等以下の官に就くの資格を有す。例せば中等以下の奏任
 官及び判任官となる事を得。
 吏校 書記会計の吏に任用せらるゝの資格を有す。
 常民 一般の農工商之れなり。
 奴婢 本邦の奴婢と異り、常民より出づるものに非ず。即ち別に
 一種族をなすものにして、西洋昔日のスレーブに等しきものなり。
 白丁 我が国昔日の××に類するもの即ち最下等の人民なり。

97 :◆p132.rs1IQ:2019/03/22(金) 09:36:41.64 ID:rEHvfSeVZ
右の内両班と称するものは東西南北の四派に分れ、子々孫々之を世
襲す、一時其の勢力の最も強大なりしは西派にして、王族戚族咸此
の中に在りたり。次は東派にして南北両派の如きは甚だ衰頽の有様
なりき。然るに曩に大院君の政を摂するや、其の身西派より出でた
るにも拘はらず、均しく各派より人才を挙げて、高官顕職を授け、
悉く従来の反目怨恨を除き、在来の党派は名のみにして、其実なき
に至りたりしが、近今に至り、王族戚族の両党現はれて、尋で日本
党支那党を生じ、再び互に反目軋轢するの弊を生じたりと云ふ。

98 :◆p132.rs1IQ:2019/03/23(土) 08:17:37.81 ID:lS9+TW49n
朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期
イザベラ・バード
時岡敬子[訳]
p29
 朝鮮を現在統治している王朝は一三九二年に創建された。王権は世襲制で、近年、日本に
よる支配期に立憲に向かって多少改正が行われたものの、君主は依然、実質的に絶対で、清
と同じくその勅令が法をなす。清の宗主権ははるか昔から認められていたが、一八九五年一
月、国王が《土地の神の祭壇》[社稷壇(しやしよくだん)]前でこれを個人的に放棄し、同年五月、清が下関
において講和条約に調印したことにより朝鮮の独立は完全に認められた。議政一名、賛政五
名、大臣六名、首席書記で構成される議政府(ウイジヨンブ)がある。この政体を布告する一八九六年九月の
勅令は、その序文で絶対王政を平明に宣言している。
 大臣は総理、宮内、大蔵[度支部]、内務[内部]、外務[外部]、軍務[軍部]、法務[法
部]、農務[農商工部]、学務[学部]の九名であるが、国王の意思(もしくは気まぐれ)は
大臣それぞれの意思や総意に優先する。

99 :◆p132.rs1IQ:2019/03/23(土) 08:19:32.80 ID:pamw5x6g1
 朝鮮軍兵士はソウルに四八〇〇人おり、ロシア人が訓練する。また地方には一二〇〇人い
る。海軍は二隻の小型商船みたいなものである。
 朝鮮は一三の道、三五九の郡県に区分される。
 歳入は正規の歳出一切をゆうにまかなえ、その収入源は関税で、税関は清帝国海関から貸
与された有能かつ真摯な税官吏のもとで運営されている。土地税は農地が一結(キヨル)(およそ
六・三三エーカーと推定される)あたり六ドル、山地が一結あたり五ドル。世帯税は一戸あ
たり六〇セントで、首都の家々はこれを免除されている。また朝鮮人参は出来高に対し一カ
ティ[約六〇〇グラム]当たり一六ドルの重い物品税がかかる。

100 :◆p132.rs1IQ:2019/03/23(土) 08:21:36.18 ID:738nL8H3d
 一八七六年まで朝鮮は首尾よく鎖国を通し、領土を侵犯しようとする者を武力で退けてき
た。しかし同年、日本が江華条約を強要し、一八八二年には清が商民水陸貿易章程でこれに
つづいた。アメリカ合衆国は一八八二年に、イギリスとドイツは一八八四年、ロシアとイタ
リアは一八八六年、またオーストリアは一八九二年にそれぞれ条約締結を交渉したが、その
いずれにおいても、朝鮮は清の属国であったにもかかわらず、独立国家として遇されてい
る。これらの条約によりソウルと済物浦(仁川)(インチヨン)、釜山、元山の三港が開港し、また今年
(一八九七年)、木浦(モツポ)と鎮南浦(チンナムポ)がそれに追加された。
 条約が調印されると、諸外国の代表が大挙してソウルに居をかまえ、そのうち三ヵ国の代
表は立派で人目を引く洋館におさまった。駐北京のイギリス公使が朝鮮の公使を兼任するこ
とになり、またイギリスは朝鮮駐在の総領事を置いた。日本、ロシア、アメリカ合衆国は公
使を、フランスは代理公使を、ドイツは領事をそれぞれ代表としている。清は日清戦争以
来、朝鮮との外交関係に入るのが遅れており、その臣民をイギリス総領事の保護のもとに置
いている。

273 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★